KOBAYASHI LAB NEWS 2018

2018.11.26

前川圭介君・小島帆南海さん・川那辺大樹君(修士1年生)が「関東学生景観デザインコンペティション」で最優秀賞を受賞しました

 関東学生デザインコンペティションは、学生の登竜門として、テーマにそった景観デザインのアイデアを募集するコンペです。地域住民が最終審査に参加するユニークなもので、今年で5回目を迎えます。3名共同で提案した作品が見事に1位となりました。

【テーマ】大谷石文化の魅力を伝える景観デザイン

 今年は、提案条件として、(1)栃木県宇都宮市、大谷景観公園周辺とする。(2)対象地に宇都宮市民が景観デザインを啓蒙できる企画・構想・計画等を考え、関連する建築デザインまたはランドスケープデザインの提案をすること、が示されました。

 最終審査に6点が残り、宇都宮市担当者、市民、審査員の前でプレゼンが行われ、見事に最優秀賞を受賞、副賞として賞金の授与がありました。事前の書類審査では最優秀賞候補ではなかったそうですが、当日のプレゼンが素晴らしく、参加者の共感を得て1位の栄冠を獲得しました。

 対話力とプレゼン力を重視する研究室の特色が生きた受賞といえるかもしれません。

 > 賞状  > 提案1ページ目  > 提案2ページ目

< 受賞情報に戻る